LINE@の登録はコチラ★プレゼント企画中♪

【XM】プロスペクト理論を学ぼう!FXは早めの損切りが大事

早めの損切り

 

FXのエントリーは簡単です。

自分の得意なパターンやロジックに当てはまればエントリーすれば良いのです。

 

しかし、利益の確定は難しいと言われております。

利益を確定したら、更に利益が乗っていたなんてことはザラです。

 

そして、損切りはFXにおいて重要で難しい部類に入ります。

私を含めて人間は、「損失を出したくないと言う気持ち」「早く利益を確定したいと言う気持ち」を持っているからです。

 

FXは、放置しておけば戻ってくる可能性も秘めているのがFXのロジックを難しくさせております。

損切りが遅れれば致命傷になる可能性があり、利益を早くに確定させてしまえば大きく儲けることができません。

 

XP兄貴
XP兄貴

今日は、プロスペクト理論も交えて記事を書こうと思います。

 

プロスペクト理論を学ぼう

プロスペクト理論

XP兄貴
XP兄貴

1億人の投資術さんから引用致します。

 

株式投資の基本は、利益を伸ばして損切りを素早く行う「損小利大」ですが、多くの投資家はすぐに利益確定を行い、一方で損切りができずに放置する「利小損大」の投資行動を取っています。

 

人間という生き物は誰だって稼ぎたい生き物です。

初めはビクビクと投資をしているのですが、稼ぎだすと気持ちが大きくなります。

 

そして稼ぎだすとその儲け額に感覚が慣れてきますので、含み益が少し増えたところで嬉しさが大きくアップすることはありません。

 

そうすると、感覚が麻痺を始め快感を求めて「もっと、もっと」と欲求が高まります。

 

XP兄貴
XP兄貴

そんな際に、チャートが急変し含み益が減ってしまうとどうでしょうか?

 

人間は、利益を得るより失うことに怖さを感じる生き物です。

含み益が減ってしまったら、こう考えるはずです。

 

「この相場はまた元に戻るはずだ。だから、これは利益を確定せず持っておこう」

 

大体の結末は、素早い利益確定や損切りに巻き込まれて更にチャートは加速し、本人はもうどこで利益を確定したら良いのかわからなくなり、相場に飲み込まれてしまいます。

 

そして、自分の購入した値を割り込んで含み益は含み損になってしまう。

 

 

XP兄貴
XP兄貴

これを「プロスペクト理論」と呼びます。

投資家なら誰しも経験があるのではないのでしょうか?
プロスペクト理論をしっかり学んでトレードに活かしましょう。

 

損失が拡大してしまったケース

 

損失を膨らませるケースは、どこで損切りをすれば良いかわからなくなるから「いつか戻ってくるだろう」と持ち続けて適切なポイントを逃してしまうことにあります。

 

買い相場で逆張りエントリーしてしまった場合

 

損切りしない

 

典型的な逆張りで負けるパターンを紹介します。

初心者の内は逆張りをよくやってしまいます。

 

XP兄貴
XP兄貴

今回のユーロ/ドルチャートでのエントリーポイントを見てみましょう。
なんでここでエントリーしたのでしょうか?

 

・値が高くなって売りやすくなったから。

・ボリンジャーバンド2σを抜けたから。

・直近高値に差し掛かったから。

 

こんなところでしょうか?

実際のチャートを見てみると逆方向へバビューンと上がっておりますね。

 

損切りすれば良いのですが、損切りをせず持っておくことで大きな損失に繋がってしまいました。

結果論を言えば、建値(同値)まで戻ってきておりますがこれは結果論であり、世界中のトレーダーはこう思ったはずです。

 

「押し目到来!!!20EMA(白い線)で支えられたらエントリーしよう」

 

この辺りは、グランビルの法則を読んで下さい。

 

関連記事:【XM初心者】ハイレバトレード手法をわかりやすく解説

 

高値レジスタンスを抜けた段階で損切りをすべきであり、ここを抜けたことでロスカットを巻き込んでショートには不利な相場環境になっております。

 

売り相場で逆張りエントリーしてしまった場合

 

買いエントリー

 

長らくレンジ相場が続いている相場環境で、下値サポートラインで反発を期待してエントリーしたところ、サポートラインが割れてしまいました。

 

XP兄貴
XP兄貴

今回のユーロ/ドルチャートでのエントリーポイントを見てみましょう。
なんでここでエントリーしたのでしょうか?

 

・値が安くなって買いやすくなったから。

・ボリンジャーバンド2σを抜けたから。

・直近安値に差し掛かったから。

 

しかし、レンジ相場は必ずブレイクされます。

サポートラインが割れたことで、大勢のトレーダーが乗っかりました。

 

ロスカットを巻き込んで大きく下げております。

このようなブレイク相場の勝ち方は、特典の手法に書いております。

 

管理人の体験談ですが、下げは上げより早く動きます。

 

基本的に初心者トレーダーは、買いポジションからエントリーすることが多く、その個人投資家のポジションを刈り取るので勢いがでてしまうからでしょうか。

 

余談ですが、管理人はショートエントリーの方が得意です。

 

レンジを取る手法もありますので、逆張りエントリーをするのは全然問題ありません。

特典で、逆張りエントリーの仕方を書いておりますのでお読み下さい。

 

しかし、ロジックが通用しなくなった際に損切りをしないことが大問題です。

 

含み損が膨らんだ時の心理状態

 

自分のポジションが含み損になり、どんどん含み損が増えている時の心理状態はどんな感じでしょうか?

 

・まず、チャートが気になって気になって仕方が無くなります。

・口座にログインをして、頻繁に含み損を確かめるようになります。

・持ち越してしまい、夜寝てる間も眠りが浅くなります。

・神に祈り始めます。

 

爪を噛んだり、髪の毛を掻き毟ったり、皮膚を引っかいたり、トイレで吐いたり、身体的な損傷をおこすこともあります。

 

XP兄貴
XP兄貴

ちなみに管理人は、投資家1年目の時ポンド/円の含み損のストレスで倒れたことがあります。

 

なので、しっかりしたロジックを持ってエントリーと損切りをすることをオススメします。

ちなみに、管理人が使うボリンジャーバンドの使い方をご紹介しておきますね。

 

関連記事:【XM】キリ番とボリンジャーバンドを使った逆張り手法を解説

 

FXは機会損失(チャンスロス)がある

 

損切りをしないことは、含み損が増大して損失を大きくしてしまうこともありますが、機会損失(チャンスロス)が発生する可能性があります。

 

XP兄貴
XP兄貴

これは、口座内に資金があまり入っていない時のポジションや、口座内に資金が入っていたとしても資金に見合わないポジションサイズでトレードをしてしまったことでおきてしまいます。

 

トレードには、短期売買のスキャルピングと中・長期売買のデイトレード、スイングトレードが存在します。

 

最悪なのは、スキャルピングでエントリーしたのに含み損になった瞬間に損切りをする考えをやめてデイトレード、スイングトレードにしてしまうことです。

 

XP兄貴
XP兄貴

これをしてしまうとロジックが破綻して、どこで損切りをすれば良いのかわからなくなります。

 

大金を持っているなら、リーマンショック級がこない限り損切りをせずにナンピンし続けるというやり方も存在しますが、小額でやる場合は損切りをすることで資金効率を高めることができます。

 

ハイレバトレードでスキャルピングをする場合は、鉄板ポイントでエントリーをしてロジックが通じないならすぐ損切り!

 

XP兄貴
XP兄貴

これを繰り返すことで資産を大きく増やすことも可能になります。

 

XP兄貴
XP兄貴

ここまで読んで下さってありがとうございます。
当ブログは、サラリーマン給料+FX+アフィリエイトのトリプルインカムで月収100万円目指す(達成)ブログです、こちらの記事もどうぞ♪

 

✔これで月収100万円いきました♪