LINE@の登録はコチラ★プレゼント企画中♪

【アクセス】鹿児島銅像巡り~西郷隆盛、小松帯刀~【幕末英雄】

幕末の英雄

こんにちは。XP兄貴@doller100)です。
今日も『ICL手術を受けたFXブロガーの旅行記の記事を読みに来て頂きありがとうございます(*^^*)

 

XP兄貴
XP兄貴

毎週日曜日夜8時にやってる大河ドラマ西郷どんを見て鹿児島までやって参りました。

鹿児島本当に面白い街です、大好きになってしまいました。

今回は、幕末の英雄西郷隆盛と小松帯刀の銅像を見てきたので記事を書こうと思います♪

 

 

鹿児島の食べ物が美味しすぎて前日食べすぎてしまいました。

 

【オススメ】鹿児島でしろくま食レポ!天文館むじゃきのアクセスは?>>

 

朝は、胃に優しそうな「奄美大島のソウルフードである鶏飯(けいはん)」を食べていざ幕末の英雄巡りに出発です。

 

奄美大島鶏飯

 

西郷隆盛と小松帯刀の銅像へのアクセスは?

 

天文館通り

 

泊まったのは天文館通りになります。

なので、出発はここからなのですがあいにくその日は雨でした。

 

雨ということもあり、バス停が非常に込み合っておりました。

 

バスに乗るなら

天文館通り→西郷隆盛銅像前

 

これで15分もすれば到着します。

ただ、バスの込み具合、雨による遅延情報、スケジュールが非常にタイトでした。

 

なので、タクシーを使い西郷隆盛銅像前まで移動しました。

 

ちなみに・・・タクシーの運転手さんとお話したのですが・・・

 

鹿児島で西郷隆盛を悪く言う人はおらんが、大久保利通は人気ないね。

 

とのことです。

 

XP兄貴
XP兄貴

大久保利通も日本を変えた英雄ですが、西郷隆盛を西南戦争で自決まで追い込んでますからねぇ。

 

そんなこんなで、天文館から10分程度で到着、料金は680円ぐらいでした。

 

ここに、西郷隆盛と小松帯刀の銅像があります。

 

XP兄貴
XP兄貴

英雄の銅像を紹介しながら、英雄達を勉強したいと思います♪

西郷隆盛とは

 

西郷隆盛と言えば、幕末の人たらしと言われるほど信頼が厚く、人がついてきたと言われております。

 

西郷どん

 

島津斉彬(しまづなりあきら)藩主の元でメキメキ頭角を現していきます。

ただ、途中で島津斉彬が亡くなり島津忠義、島津久光体制になると、不遇な扱いをされていきます。

 

奄美大島や沖永良部島に流刑として流されることもあったようです。

 

その後、藩に復帰し土佐の坂本龍馬や長州の桂小五郎と一緒に薩長同盟を締結。

大政奉還で徳川幕府を終わらせ(不本意でしょうが)、その後鳥羽伏見、戊辰戦争の指揮を執り旧幕府軍を殲滅、明治維新を成功させました。

 

XP兄貴
XP兄貴

江戸総攻撃を前に勝海舟らとの降伏交渉に当たり、幕府側の降伏条件を受け入れて、総攻撃を中止したなんて逸話も残っております(江戸無血開城)
無血開場というお酒があるぐらい有名です♪

 

西郷どんでは吉之介と呼ばれており、元服時は西郷隆永と名乗りましたが戊辰戦争の功績により、王政復古の章典で位階を与えられる際、父親の隆盛の名前で届けられてしまいましたが・・・

 

「よか、よか、今日から西郷隆盛ごわす」

 

XP兄貴
XP兄貴

と言う大らかな性格だったと言われております♪

 

一旦は薩摩で新政府から離れておりましたが、新政府に復帰。

 

そこで現代にも残っている「県」を定めます。

 

俗に言う、「廃藩置県」ですね。

藩主が藩を納めて税を取っていたのを、中央に税金と権力を集めるために行ったわけなのですが、これに怒ったのは薩摩藩主父親島津久光。

 

XP兄貴
XP兄貴

まあ、そうでしょうねぇ。

薩摩は莫大なお金と兵力を割いて徳川政権を終わらせたのに、新政府になったら藩を取りやめると言われたんですから。

しかも、主導してるのが自分の藩の部下だった、大久保利通と西郷隆盛なんですから。

 

そして、強引に廃藩置県を決行。

 

その混乱もおさまらない内に、岩倉使節団の計画が持ち上がり岩倉具視・大久保利通・木戸孝允ら明治政府を主導してきた首脳の多くが10ヶ月の間海外で徳川幕府時代に結んだ不平等条約を撤回するために海外に行ってしまいます。

 

 

XP兄貴
XP兄貴

その間、太政大臣三条実美を筆頭に西郷隆盛・井上馨・大隈重信・板垣退助・江藤新平・大木喬任で留守政府を設立し明治政府を守っていくわけです。

 

その時に、岩倉使節団が帰ってくるまで大規模な改革を行わないという取り決めを行うわけです。

 

 

XP兄貴
XP兄貴

ここまではよくわかります。

結局、徳川幕府が結んだ不平等条約のせいで、外国人が犯した犯罪は日本国内で裁けないし、金や銀や銅がどんどん海外に流出

国外の実情を見ておきたいと言う明治政府の考えもわかります。

 

しかし、長州人井上馨などのお金や権利による不正が続出

岩倉使節団は予定の10ヶ月たっても帰って来ない。

廃藩置県の混乱は残っている。

 

XP兄貴
XP兄貴

西郷隆盛は本当にボロ馬車のように働いたんだと思いますよ。

それによって、留守政府学制・徴兵令・地租改正・太陽暦の採用・司法制度(裁判所)の整備・キリスト教弾圧の中止などの改革を積極的に行ったわけです。

 

これ、現在でも使われてますからね。

太陽暦を取り入れたことで、365日になったわけです。

 

 

XP兄貴
XP兄貴

地租改正も良く断行したな~って思います。

新政府にはお金が無かったわけです、廃藩置県で大混乱している最中に。。。

 

 

土地を持っている方々、景気が良かろうか悪かろうか土地に3%の税金をかけます。という法律を定めたんですよね。

 

XP兄貴
XP兄貴

お米で税を取ると米相場によって価格が変動してしまうから、お金で税金をおさめるようにしたんですね。
本当に明治政府って現在の日本を作る礎を作ったんだな~と思います。

 

1年間で色々国の根幹を作った西郷隆盛たち留守政府ですが、海外から帰ってきた大久保利通たち岩倉使節団の面々が帰ってきて対立します。

 

俗に言う、征韓論ですね。

対立している朝鮮に西郷隆盛を派遣する話だったのですが、白紙に。

 

大量の税金で海外使節団を組み、海外で成果をあげられず、国内で頑張ってきた新政府メンツを追い落とす虎の子の作戦だったんでしょうか?

 

世界を目の当たりにして焦りもあったのですが、違うやり方はなかったのだろうかといつも思います。

ここから同志だった西郷隆盛と大久保利通はすれ違い、国内最後の内乱である西南戦争に繋がり、城山で西郷隆盛の自殺という形で決着がつきます。

 

ドイツの血と鉄のビスマルクに感化された大久保利通なりの考えもあるのでしょうが、話し合わず根回しでやり方を決めてしまう。

 

XP兄貴
XP兄貴

実に日本人的だな~って思います。
そして、鹿児島で大久保利通が嫌われてるのもわかる気もします。

 

 

大久保利通

 

XP兄貴
XP兄貴

でもちゃんと大久保利通の銅像もちゃんとあります(笑)

西郷隆盛銅像~敬天愛人(けいてんあいじん)~

 

西郷隆盛銅像は、バスで西郷隆盛銅像前に着けば目の前にあります。

遠めから見てみます。

 

西郷隆盛銅像

 

行きのバスの運転手が話してました。

 

 

この銅像の格好は、第3回陸軍演習の時の格好なんですよ。

島流しの時の病気が元で脱腸してて、服がきれなかったんだって~。

XP兄貴
XP兄貴

西郷隆盛トリビアありがとうございます♪

西郷隆盛銅像

 

 

XP兄貴
XP兄貴

近づいてみるとかなり大きいですね♪

さて、この西郷隆盛銅像は写真を撮るスポットがあります。

 

西郷隆盛写真スポット

 

 

私達が写真を撮ってる間も観光客の方がどんどん写真撮っておりました。

西郷隆盛は鹿児島で愛されている。

本当にそれがよくわかりました。

 

「敬天愛人(けいてんあいじん)」

 

 

XP兄貴
XP兄貴

西郷隆盛が使っていた言葉です。

この考え方は私も見習おうと思います。

 

「敬天愛人」とは、天を敬い(うやまい)人を愛すること。ここで言う「天」とは、「真理」「神」「宇宙」などといった意味です。「森羅万象」や「真善美」といっても良いかもしれません。それを敬い、それに従う。
そして「愛人」とは広い人間愛や万人への慈愛などを表します。

小松帯刀(こまつたてわき)【小松 清廉(こまつきよかど)】とは

 

日本の維新を成功させた立役者であり、生きていれば島津久光、西郷隆盛、大久保利通の人生が変わっていたと思う人。

 

XP兄貴
XP兄貴

調整役って凄く大変だと思うんですが、戦場に行くわけではないので地味なイメージがあるのか、あまり話題になりませんよね。

 

戊辰戦争と言えば、西郷隆盛、坂本龍馬、桂小五郎、高杉晋作、徳川慶喜。

この辺りが話題になるでしょうか?

 

しかし、この小松帯刀がいなかったらどうなってたでしょうか?

 

XP兄貴
XP兄貴

まず、薩長同盟は出来なかったでしょうから大政奉還はなく、徳川政権が長く続いて、列強に侵略されて植民地化なんてこともあったかもしれません。

 

14歳ぐらいから頭角を現して、薩英戦争でも使われた破裂弾、水電の開発に尽力、島津久光の側役に抜擢、第一次長州征伐で謝罪降伏に尽力。

 

土佐の脱藩浪士坂本龍馬が寺田屋事件で襲われて薩摩に来た際に嫁のお龍共々世話をし、亀山社中(海援隊)の設立を支援。

 

後の総理大臣になる、長州藩の井上馨と伊藤博文を長崎で匿って死の商人グラパーに出会わせて武器の調達をさせ、薩長同盟締結に尽力、その際京都で桂小五郎を匿いました。新撰組や京都見回組に追われてましたからね、捕まってたら終わりでした。

 

薩英戦争で険悪となった、薩摩とイギリスの関係回復に努め、その後武器をイギリスから調達。

 

徳川慶喜に大政奉還を勧告したのも小松帯刀でした。

 

XP兄貴
XP兄貴

西郷隆盛、大久保利通、坂本龍馬が維新で活躍したのですが、それを支援し、調整していたのが薩摩藩家老小松帯刀です。
凄い方なんですよ。

 

その後、明治6年の政変として上記にも書いた征韓論問題で新政府が真っ二つに割れるわけなのですが、その3年前に36歳の若さで亡くなります。

 

日本最初の新婚旅行で有名な坂本龍馬ですが、この10年前に日本初の新婚旅行をしてたりします。

薩摩にいる間、好奇心旺盛な坂本龍馬は小松帯刀から新婚旅行の話を聞いてたんじゃないかな~とか思ってます。

 

ただ、坂本龍馬だから日本初の新婚旅行は坂本龍馬!

場所は鹿児島霧山連山!!

霧山神宮にも行ったよ!!!

 

 

XP兄貴
XP兄貴

これで、私みたいなのが鹿児島行きたいとなるわけで、小松帯刀だったらそこまで有名にならなかったかもしれません(笑)

日本人の坂本龍馬好きは異常ですので^^

 

妄想ですが・・・

 

80歳近くまで生きた徳川家康とまでは言いませんが、36歳ではなく織田信長ぐらいの49歳まで生きることができたら、全然違った未来になってたんじゃないでしょうか?

 

坂本龍馬の船中八作が有名ですが、坂本龍馬の新政府の人事構想では西郷隆盛、大久保利通、桂小五郎より先に小松帯刀が筆頭にあげられていたそうです。

 

戊辰戦争が終わり、明治維新になった時に病気になっていない小松帯刀がいれば新政府に入っており、良い調整役になったんじゃないかな?と思っております。

 

XP兄貴
XP兄貴

そうしたら、島津久光と新政府の対立。西郷隆盛と大久保利通。この真ん中で調整をすることができたんじゃないかな?と思ってます。

小松帯刀銅像

 

維新十傑に数えられている小松帯刀です。

そんな小松帯刀銅像は、西郷隆盛の前にありました。

 

小松帯刀銅像

 

 

XP兄貴
XP兄貴

西郷隆盛銅像から50mも歩くと銅像が見てきました。

あれ?

真っ直ぐみてませんね?

真っ直ぐみていれば、西郷隆盛の方向になるのですが。

 

小松帯刀銅像

 

 

XP兄貴
XP兄貴

銅像は三公像(斉彬,久光,忠義)の建つ照國神社の方向を向いているようです♪

銅像になってからも忠義の厚い方ですね。

 

照国神社へも行ってきました

照国神社

孝明天皇の勅命による「照国大明神」の神号授与を受けて祠を造営したのが創祀とされるのですが、ここには島津斉彬、島津久光、島津忠義の銅像を祭っております。

 

明治維新150周年
2018年は明治維新150周年です。

ちなみに去年高知に行ってきましたが、大政奉還150周年でお祭りしておりました(笑)

 

照国神社は、西郷隆盛像前近くにありますので合わせていくと良いと思います。

島津斉彬銅像

 

やはり、お由羅騒動が有名ですよね。

 

斉彬が次の藩主となれば、重豪のように公金を湯水のごとく費やし藩財政の困窮に一層の拍車をかけかねないと、特に藩上層部に心配され、藩主斉興は斉彬が40歳を過ぎても家督を譲らなかったとされます。

 

お由羅騒動(高崎崩れ)

また家老・調所広郷(笑左衛門)や斉興の側室・お由羅の方らは、お由羅の子で斉彬の異母弟に当たる久光の擁立を画策した。

斉彬派側近は久光やお由羅を暗殺しようと計画したが、情報が事前に漏れて首謀者13名は切腹、また連座した約50名が遠島・謹慎に処せられた。斉彬派の4人が必死で脱藩し、斉興の叔父にあたる筑前福岡藩主・黒田斉溥に援助を求めた。

斉溥の仲介で、斉彬と近しい幕府老中・阿部正弘、伊予宇和島藩主・伊達宗城、越前福井藩主・松平慶永らが事態収拾に努めた。

こうして嘉永4年(1851年)2月に斉興が隠居し、斉彬が第11代藩主に就任した。

 

島津斉彬

 

照国神社の一番目立つところに島津斉彬銅像がありました。

 

島津斉彬

 

西郷隆盛はこの方に召抱えられてスタートでしたね。

日本国を憂いて尽力をした方です。

島津久光、忠義銅像

 

秋も深まり紅葉が綺麗な時期になってきました。

そんな緑多き場所に島津久光銅像がありました。

 

島津久光

 

こんな島津久光さんですが、個人的には島津斉彬さんより凄いことをしていると思います。

 

斉彬の跡目を継ぎ、藩をまとめあげ、中央に進出し、倒幕を成し遂げました。

この方がいなければ、今の日本は違ったものになっていたかもしれません。

廃藩置県唯一の反政府運動として、一晩中花火を打ち上げた逸話が残ってます。

 

島津久光銅像

 

島津久光銅像の近くに長男の島津忠義銅像もありました。

 

島津忠義

まとめ

 

鹿児島は維新の立役者になっただけあって偉人が多いですね。

銅像も多く楽しかったです、他の銅像も見てきたので紹介します。

他にも豊臣秀頼のお墓も見てきました♪

 

豊臣秀頼の墓は薩摩にあり。真田幸村と最後を鹿児島で。アクセスは?>>

 

鹿児島旅行プランを解説。歴史探索、食事、温泉詰め込みました。>>