テレグラムの登録はコチラ★プレゼント企画中♪

節分で落花生をまく地域がある?大豆より合理的な理由を解説!

落花生

 

節分を子供に教えてあげたいと思い色々と勉強しております。

本日深く調べた内容は、、、

 

節分の日に、大豆じゃなくて落花生をまく地域があるとのことです。

 

XPちゃん
XPちゃん

あれ?

節分の日って大豆をまくんじゃないの?

XP兄貴
XP兄貴

実は、節分の日に落花生をまく地域もあるんですよ。

節分とは?

節分

 

節分は前の記事にも書きましたが復習したいと思います。

 

XP兄貴
XP兄貴

節分って名前は良く考えられてて、「季ける」と書くんだ。
節分は、1年に4回ある季節が変わる(立春・立夏・立秋・立冬)前日に行っていたんだ。

XPちゃん
XPちゃん

江戸時代以降は立春が新年の始まりということで尊ばれたために、立春(2月4日)の前日(2月3日)に行われるようになったんだよね♪

 

鬼(魔)の目に豆を投げて退治ができたところから、「豆は魔滅(まめ)」と言われておりました。

そして、豆は炒った物を使わないといけません。

何故ならば、「豆を炒る」とは「魔目を射る」に通じて、その豆を食べることが鬼を退治することになるからです。

 

 

赤鬼

 

XP兄貴
XP兄貴

鬼に何故ウシのツノが生えていて、トラのパンツを履いているのか・・・

それらの理由も詳しく説明しております。

 

>>節分の由来と豆まきを子供に簡単にわかりやすく教える方法!

節分に落花生をまく地域がある

落花生

 

XPちゃん
XPちゃん

節分の日に豆をまく地域があるって本当?

 

XP兄貴
XP兄貴

うん、実は大豆でまく地域以外に落花生で魔を封じる地域があるんだよ。

 

落花生をまく地域

 

・北海道
・東北地方(特に宮城県仙台市周辺)
・上信越地方(特に上越地方)
・宮崎県
・鹿児島県

 

この上記の地域をわけると、「豪雪地帯」「宮崎県・鹿児島県」にわけることができるんだ。

 

大豆と落花生

 

豪雪地域で落花生がまかれる理由

 

XP兄貴
XP兄貴

まず節分がいつ生まれたのかなんですが、平安時代から発祥したと言う伝説があるんです。

XPちゃん
XPちゃん

そして、その文化は江戸時代に全国に広まっていったんだたよね。

XP兄貴
XP兄貴

その文化は、戦前の昭和30年頃に大豆から落花生を使うという文化に変わっていったようです。

 

当時は、今ほど飽食の時代ではないでしょうし、品種改良も行われておらず入手も今ほど簡単ではなかったと考えられます。

ここにヒントがありそうです。

 

大豆から落花生に変わった3つの理由

 

①、昔、おばあちゃんによく言われました。

「食べ物を粗末にしてはいけないよ」

 

節分の日に大豆を「鬼は外、福は内」とまくわけなのですが、大豆が汚れてしまうんですよね。

小さな大豆が転がれば、家の掃除をあまりしていないところにも転がっていき埃もつくでしょうし。

大豆に比べて落花生には殻(から)がありますので、衛生面が1つの理由になります。

 

②、次に節分の時期は立春の前日なので2月3日と決められております。

豪雪地帯では大雪が降っているでしょうし、外にまいた小さな豆は見つけにくかったんですよね。

昔は、外にまいた豆も回収して料理しておりました。

そんな折、落花生のような大きくて見やすい豆を大雪の中にまけば見つけやすいという理由から、大豆から落花生に変更されました。

 

③、そして、大豆は夏の野菜になりますが、落花生は秋の野菜になります。

入手もしやすく、カロリーなど栄養もあるという観点から落花生に変更になったようです。

 

XPちゃん
XPちゃん

凄い合理的な理由で変更になったんだね♪

宮崎・鹿児島で落花生がまかれる理由

 

 

XPちゃん
XPちゃん

北海道や東北地方は豪雪地帯だから大豆から落花生に変わったのはわかったけど、なんで宮崎と鹿児島の方でも落花生がまかれるの?

 

 

XP兄貴
XP兄貴

確かに、南の地方だから雪は豪雪地帯に比べると降らないよね。

この理由は、生産量がヒントになりそうだよ。

 

2018年のデータで、千葉県が落花生生産9590トンで突出しております。

その次が茨城県で1500トン。

そして、第3位が鹿児島県で300トンになります。

※この3県で落花生の生産量の90%以上を占めることになります。

 

落花生はやせた土地や干ばつに強く、栽培の手間もかからないのが特徴です。

サツマイモもそうですが、鹿児島の大地でも育ちやすい落花生は当時も作られておりました。

宮崎県は、鹿児島の隣県になりますので落花生が伝わったとしても不思議ではありません。

 

XPちゃん
XPちゃん

大豆から落花生に変わった理由は地域で様々だね、知らなかったよ~。

豆まきの注意点が2つあります

 

大豆や落花生など地域によって違いはありますが、古来より節分の日には豆をまいて鬼を退治してきました。

 

しかし、楽しいイベントですが豆まきには2つの注意点があります。

 

消費者庁から注意喚起もされている、乳幼児(3歳まで)に豆を与えない

 

大豆って子供が大好きなたまごボーロに似ているんです。

乳幼児は拾った物を口の中にすぐ入れてしまうことがあります。

 

消費者庁でも、「3歳になるまでに豆を与えないで下さい」と注意を呼びかけております。

 

これは、豆や落花生(ピーナッツ)などの小さな物が気管支や肺に入ってしまうことで気管支炎や肺炎になってしまう可能性があるのです。

楽しいイベントが子供の死亡などでツライ思い出にならないよう注意しましょう。

 

植物性の大豆を消化できない犬に与えない

 

犬を飼ってるご家庭は多いと思います。

しかし、犬は植物性の豆を消化することができません。

 

豆を大量にまくご家庭は、犬も大量に豆を食べてしまう可能性があります。

犬は豆を消化できないので、喉や食道、腸に詰まってしまう可能性があるのです。

 

最近は、ドッグフードにもアレルギーの注意書きが書かれることも増えてきました。

先天性の大豆アレルギーを持っている場合、犬がアレルギー症状を起こす可能性があります。

 

シベリアンハスキー・アイリッシュセッター・シャーペイは大豆の耐性を持っていないので、愛犬として飼われている場合注意してください。

さいごに

 

大豆や落花生などの豆類は、たんぱく質、アミノ酸、ビタミンB群、食物繊維などの栄養価がたっぷり入った食物となります。

 

節分という文化は、古来からあるだけあって色々な地域の慣わしがありますね。

 

>>節分での柊鰯(ひいらぎいわし)の飾り方と処分方法の解説!

 

 

XP兄貴
XP兄貴

節分の日に、大豆と落花生をまく地域が違うという理由についての知識が深まりました。

雑学を勉強して行くのは面白いですね♪